2/28「まなび」について考える 第一回 矢萩多聞

MANABU

日時:
2015年2月28日(金) 10:30~

場所:
沖縄サドベリースクール
沖縄県宜野湾市嘉数1-20-5 TEL098-890-1622

参加費:
1000 円(チャーイとスナック付)
※子ども、19 歳以下は無料。


「いつのまにか装丁家になっていた」――。

しりあがり寿、内澤旬子、中島岳志、森まゆみ、パトリス・ルコントなど
様々な作家の本のデザインを手がける矢萩多聞さん。
彼は学校や先生になじめず中学1 年で不登校、14 歳からインドで暮らし、
専門的なデザインの勉強もしてきませんでした。ただ絵を描くことが好きだった少年は、
どのようにして本づくりの道を歩んだのでしょうか。

連続トークシリーズ「まなび」について考える
第一回は画家・装丁家の矢萩多聞さんに、子ども時代、インドでの暮らし、
本づくりの仕事など自身の体験を通して感じた、
「まなび」のおもしろさ、可能性について語っていただきます。
自分のやりたいことをやりながら、ほがらかに生きるヒントを一緒に探してみませんか。

DSC_2066矢萩多聞 やはぎ・たもん

画 家・装丁家。1980年、横浜生まれ。中学1年で学校をやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。95年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、個展をひ らく。2002年から本づくりの仕事にかかわるようになり、これまでに400冊を超える本をてがける。現在はインド、横浜、京都を行き来し、画家・装丁家 として活動中。著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『インド・まるごと多聞典』(春風社)がある。 www.tamon.in

矢萩多聞さんの最新の著作『偶然の装丁家』は、
晶文社の就職しないで生きるには21 シリーズから絶賛発売中。
イベント会場でも購入していただけます。(サイン会もあります


Contact お問いあわせ

沖縄サドベリースクール TEL 098-890-1622
okinawasudbury@gmail.com

★席に限りがあるため、ご予約をお願いいたします
以下の申し込みフォーム、メールで受付いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先(電話番号)

参加人数

メッセージ(参加者に子どもを含む場合はその人数も書いて下さい)

  ←予約に同意する。(必ずチェックしてください)

カテゴリー イベント タグ , , .